腰痛

腰痛って?

たくさんの人が腰が痛いと言っていますが、
腰痛にも必ず何かしらの原因となるものがそれぞれあります。

普通に考えられることで腰痛を起こしやすい人は、
仕事柄力を使うことが多い人、
不自然な姿勢を長時間続けないといけない人、
ほとんど運動などをせず体を動かさないような人が多いようです。

ですが、同条件の環境にいる人で、
作業も同じなのに、腰痛になる人とならない人がいます。

どうしてこんな違いが出てしまうのでしょうか?
それには生まれ持った体質が関係しています。
腰に最も負荷がかかりやすい人とそうでない人の違いです。

腰にかかるストレスは、年代によっても変わります。

例をあげると、生まれたばかりの頃は、
先天的な特徴として、股関節が未発達な場合や、
股関節脱臼などになってしまう場合です。

こういった先天的特徴をもった場合は、
腰にすごく負担がかかりやすい状態です。

また幼児期から小学生ころまでのお子さんは、
側弯症という症状がある場合も考えられます。

身体の成長と合わせて胸が発育する時、
肩こりや腰痛を引き起こすこともあります。

成人すると婦人科系の疾患などによることも考えられます。
また、赤ちゃんを産むことで骨盤が緩み、
重心がうまく取れずにぐらついて腰を痛めやすいのです。

さらに更年期世代は骨粗鬆症という原因も考えられます。
骨が弱くなることで、骨折することもあるので心配です。

以上のことは女性のことですが、
まとめてみると、生まれた時から年代によって、
色んな原因で腰痛になってしまうことがわかります。

身体のゆがみがある人はもちろんですが、
持って生まれた骨格でも体質が大きく変わります。